Übungsplatz〔練習場〕

福居伸宏 Nobuhiro Fukui http://fknb291.info/

2001年には何かあった? 宮崎皓一さん/望月正夫さん

◇ WEB 蒼穹舎 - 既刊案内

写真:宮崎皓一、 文:佐野寛『On Television』
書名:On Television
発行年月日:2001年7月31日
本体価格(税込定価):1,800円
サイズ:A5版変型
造本仕様:並製/シングルトーン 総頁数:52
作品点数:24
初版部数:500
編集協力:大田通貴
装幀:Omni-Trax
発行:ORBE, INC.

http://www.sokyusha.com/books/books_other.html
*1


>>>Harry Gruyaert 'TV Shots' (Steidl)

◇ 宮崎皓一『Scissorings』(切抜き 宮崎皓一 - WORKS ON PAPER)

  これらの切抜きは、これまで(1962-67年)折に触れ眼に触れて、おもに新聞・雑誌から切り取られたものの中から50枚を選んだものである。

 ほんらいこれらは日常 の断片であり、ある予定のもとにある瞬間撮らえられたある事柄である。だがそれは問題としない。つまりその示している意味・内容はここでは無関係なのだ。ただこれらのテクスチャーが見せているなにか別のもの…それがなにだかわからないままぼくにひっかかってきていて、おそらくそれがこれらの切りとられた理由である。

 ぼくにとって映像とはつねに開かれているものであり、それはいつもそこからはじまるもの、別のなにかを見せはじめるものであるのだ。

1968年11月 宮崎皓一

http://www.worksonpaper.sakura.ne.jp/publications/books/m/kouichi_miyazaki_1.html
宮崎皓一氏が1969年にテレビ画面を撮影した『Television』についての記事や画像がなかったので、とりあえず『Scissorings』を。
『On Television』『Scissorings』については↓『メディア写真論』に詳しい記事が掲載されています。


◇ 佐野寛『メディア社会の中の写真を考える メディア写真論』(パロル舎
http://parol.co.jp/bookdetail233.shtml

http://d.hatena.ne.jp/n-291/20090119#p4

      • -


◇ 望月正夫 / Television 1975-1976

Television 1975-1976 / スナップ社, 2002 / slipcase / A / \ 21,000
多重露光を用いて、テレビ映像を6x6でシークエンス撮影した、望月正夫による異色作。「・・・この仕事を見ていると、眸の裏の奥のほう、もうほとんど幽冥に閉ざされて意識の及ばないあたりから、遠い記憶が奇妙なかたちで呼び戻されるのがわかる。」 (生井英考によるあとがき 『比喩としての世界』 から) 望月正夫による直筆サイン入り。状態良好。

初版 / 和英併記 / 37x37cm / 80pp. / モノクロ

http://www.book-oga.com/wimages/television.html
宮崎皓一さんとはまた違ったスタイルで、
こういう写真に取り組んでいた方もいたようです。


◇ Photo Gallery International - 望月正夫写真集 Television

「暗くした部屋の片隅にポツンと置かれた、15インチ白黒テレビの光るブラウン管の一コマ一コマは、幻のように現れてはすぐに消えていく。が、歴史もまた同時にその点滅の中で繰り返されていたのだ。そして、7000回のシャッター、7000回の快感すべてが、一枚一枚の像として残された。」
望月正夫  P.G.I.LETTER 175 より

「テレビジョン」シリーズは、写真家 望月正夫が、まだ家庭用ビデオが普及していなかった時代(1975-76年)に、事件報道番組や娯楽番組など、その時々に人々の興味を引いた様々なテレビ番組を、まさにリアルタイムに、1プレート(1枚の6×6フィルム)に35コマの映像を納めるという手法でドキュメントした作品です。
これらの作品では、当時のテレビ番組の映像が、断片化され、記憶や感情にダイレクトにアクセスする一枚の新たなイメージとして再構成されています。
撮影から四半世紀経た今、35作品(182プレート 6,370コマ)を選び、望月正夫の初めての作品集として、大型写真集を発刊いたします。

望月正夫写真集 「Television」 価格/本体 18,000円(税別)
370mm×370mm×20mm モノクロ80頁
ハードカバー 上製本 箱付き
テキスト:生井英考
発行:スナップ社
発売:邑元舎


写真集 発刊記念 写真展 2001年5月8日(火)〜 5月26日(土)
フォト・ギャラリー・インターナショナル 1Fギャラリーにて開催

http://www.pgi.ac/content/view/41/75/lang,ja/


そういえば、原田晋さんはその後どうしてるんでしょうか。
次の展示があれば、ぜひ見に行きたいものです。


◎ window-scape…
http://www.window-scape.net/


◇ ...
http://d.hatena.ne.jp/aradaah/

*1:宮崎皓一さんが、いろいろ言われたりもする方だということは知っています。