Übungsplatz〔練習場〕

福居伸宏 Nobuhiro Fukui http://www.nobuhiro-fukui.com/

サミュエル・ベケット!−これからの批評− | 出版物 - グローバルCOEプログラム 演劇・映像の国際的教育研究拠点

岡室美奈子・川島健・長島確編

ゴドーは待たれていなかった !?
新進気鋭の執筆陣が、メディア論、イメージ論、 演劇論など、さまざまなアプローチによって、 「不条理劇作家」ではない、新たなベケット像に肉薄する試み。


A5判上製376頁/定価3800円+税 ISBN978-4-89176―897-3
3月15日発売


巻頭言(竹本幹夫)
はじめに (岡室美奈子)

Ⅰ 『ゴドー』のいま
結びのパラドクス 『ゴドーを待ちながら』における執筆の軌跡をめぐって(西村和泉)

歓待の失敗 『ゴドーを待ちながら』と他者の迎え入れ(垣口由香)

Ⅱ 耳をすます−メディア
ひび割れた声、開かれた瞳 『クラップの最後のテープ』における裂開と合一のイメージ(藤原曜)

ロンドンのアイルランド人 ベケット『なつかしの曲』/パンジェ『クランクハンドル』をめぐって(川島健)

見える身体のゆくえ 『わたしじゃない』における「聴き手」の不在を考える(宮脇永吏)

Ⅲ 想像/創造せよ−散文
「死せる想像力よ想像せよ」 球形、アンドロギュヌス的イメージの表象をめぐる考察(景英淑)

「同伴するために」 『伴侶』におけるイメージの創造と境界の感覚(菊池慶子)

Ⅳ 反復のはてに−後期演劇1
起源なき痕跡としての身体 『あしおと』における指標性(久米宗隆)

終わりなき流離 『なに どこ』における構造の不確定性について(片岡昇)

Ⅴ 幽霊たち−後期演劇2
演劇の〈今(maintenant)〉を転倒させること サミュエル・ベケット『モノローグ一片』における〈捉まえる手(la main tenante)〉(木内久美子)

霊媒ベケット 蓄音機としての『オハイオ即興劇』と『ユリシーズ』(岡室美奈子)

資料紹介
一次資料について 長嶋確
二次資料について 川島健

参考文献

あとがき 川島健

http://www.waseda.jp/prj-gcoe-enpaku/publish/book/beckett.html