Übungsplatz〔練習場〕

福居伸宏 Nobuhiro Fukui http://www.nobuhiro-fukui.com/

遠隔操作ウィルス事件で容疑者逮捕・誤認逮捕の教訓は活きているか - YouTube

Published on Feb 16, 2013
http://www.videonews.com/


ニュース・コメンタリー (2013年02月16日)


遠隔操作ウィルス事件で容疑者逮捕
誤認逮捕の教訓は活きているか

 遠隔操作ウィルス事件の容疑者が逮捕された。ご多分に漏れず大手メディアは次々とリー­ク情報を連発することで警察による容疑者の追い詰めに協力しているように見える。
 物証が不十分でも、容疑者の自白さえ取り付ければ起訴・有罪に持ち込めると考えるのが­、これまでの警察・検察の行動パターンだ。今回も、容疑者の片山祐輔氏は犯行を否認し­ており、警察はこれまでのところ片山氏と遠隔操作ウィルス事件を直接結ぶ確たる証拠を­見つけられていないようだ。
 遠隔操作ウィルス事件では昨年、4人が警察に誤認逮捕され、うち2人はしてもいない犯­行の自白まで強要されている。過去の失敗から警察は教訓を学んでいるのか。
あるいは、過去に失態を晒している警察の焦りが、証拠不十分のまま片山氏の逮捕に踏み­切らせてはいないか。
 容疑者となった片山氏の弁護人には足利事件で菅谷利和さんの再審無罪を勝ち取った佐藤­博史弁護士らが就いた。その佐藤氏は14日の記者会見で、片山氏が「真犯人は別にいる­。自宅や職場のパソコンから遠隔操作の証拠が出るはずがない」と話していることを明ら­かにしている・・・・・。

http://youtu.be/HtWRg1eCZb8


◇ 【PC遠隔操作事件】被疑者の素顔を弁護人に聞く(江川 紹子) - 個人 - Yahoo!ニュース

 4人を誤認逮捕し、うち2人から虚偽の自白を引き出したことが明らかになっているPC遠隔操作事件。威力業務妨害容疑で逮捕された片山祐輔氏は関与を否認している。当初は、事件と片山氏を結びつける決定的な証拠があると報じられ、警察は絶対的な自信を持っているように見えたが、その後も160人もの捜査員を動員して証拠集めを続けるなど、苦労している状況も伝わってくる。
片山容疑者の弁護人となったのは、足利事件菅家利和さんの無実を証明するなど、刑事事件の経験豊富な佐藤博史弁護士だ。佐藤弁護士に、2月19日時点での弁護人としての考えや主張を聞いた。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130219-00023545/


◇ PC遠隔操作事件:反省なき「有罪視報道」の構図 - 郷原信郎が斬る

容疑者逮捕の日に、私宛の「遠隔操作事件についてもご発言を!」というツイートに対して、「報道を見る限りでは、さすがに今度は間違いなく犯人という感じがしますが、万が一、真犯人が別にいて、いかにも犯人らしい人間が逮捕されるように仕向けたなどということが絶対にないと断言はできないので、今の段階ではコメントは差し控えます。」というツイートにとどめた。


私としては、まさか警察がまた誤認逮捕を繰り返すことはないだろうと思ったし、それを疑う根拠もなかったが、それでも、逮捕された容疑者は事実を全面否認していることに関して、「本当に大丈夫なのだろうか」という懸念は捨てきれなかった。それを、「万が一」という言葉に込めたものだった。

http://nobuogohara.wordpress.com/2013/02/20/%EF%BD%90%EF%BD%83%E9%81%A0%E9%9A%94%E6%93%8D%E4%BD%9C%E4%BA%8B%E4%BB%B6%EF%BC%9A%E5%8F%8D%E7%9C%81%E3%81%AA%E3%81%8D%E3%80%8C%E6%9C%89%E7%BD%AA%E8%A6%96%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%A7%8B/