Übungsplatz〔練習場〕

福居伸宏 Nobuhiro Fukui http://www.nobuhiro-fukui.com/

291 workshop 個人講座《パーソナル・セッション》[6か月間・全15講座・各60〜480分]

2013年1月より出張個人講座を開講しています。ギャラリー等での個展の開催(メーカー系の公募などを含む)を目指して写真に取り組む方が主な対象です。この講座は年4期開催される通常のワークショップと異なり、18歳以上、40歳未満という年齢制限はありません。また、写真歴の長短や展覧会経験等の有無はまったく問いません。「もう少し深く写真に取り組んでみたい」「新しい表現の世界に踏み出してみたい」「写真作品の楽しみ方を知りたい」という方であれば、どなたでも大歓迎です。
募集は随時。期間は受講開始から6か月間、全15講座(各60分)。講座の内容と進め方については、通常のワークショップの方針に準じますが、細かいカリキュラムについては受講者の方と対話しながら、作品の方向性やご興味ご関心に合わせて決定していきたいと思います(写真集や参考文献は毎回用意。必要であればレジュメ等も使用)。開催日時と場所についても、受講者の方のご都合に合わせて、その都度柔軟に決定していきたいと思います(東京都内および近郊に伺います)。
会費は50,000円を予定しています。*1


個人講座への参加希望、お問い合わせの方は、

fknb291(at)gmail.com

上記アドレスの「(at)」を「@」に変更して、
下記のメールをお送りください。

《メール件名》
291 workshop 個人講座 参加希望(お問い合わせの方は「291 workshop 個人講座 問い合わせ」としてください)

《メール本文》
1.お名前
2.メールアドレス
3.年齢
4.ご職業 *2
3.略歴等 *3




*1:学生の方は月謝制も可。委細応相談。

*2:必ずしも記入する必要はありません。学生の方は学校名をご記入ください。

*3:必ずしも記入する必要はありません。

291 workshop 「第7期」

2013年10月10日(木)〜12月12日(木)[全10回]

続きを読む

[Title] Researching BASEL: Cityscape, Landscape and Architecture (*tentative)

Concrete - Photography and Architecture @ Fotomuseum Winterthur

March 2 - May 20, 2013
Grüzenstrasse 44 + 45, CH-8400 Winterthur (Zurich), Switzerland


Artists: Georg Aerni, Joseph Albert, Fratelli Alinari, Lara Almarcegui, Jules Andrieu, Thomas Annan, Anonym (Anonymous), Atlantic Photo-Co. Berlin, Lala Aufberg, Iwan Baan,Theo Baart, Édouard-Denis Baldus, Lewis Baltz, Gabriele Basilico, Max Baur, Bernd & Hilla Becher, Beni Bischof, Bisson Frères, Laurence Bonvin, F. A. Bossard, Barnabás Bosshart, Josef Breitenbach, Domenico Bresolin, Joachim Brohm, Rudy Burckhardt, Balthasar Burkhard, Vincenzo Castella, Claude-Joseph Charnay, Lynne Cohen, Dimitrios Constantine, Gregory Crewdson, Hans Danuser, André Dino, Willie Doherty, Robert Duchesnay, Franz Duschek, Edizioni Brogi, Friedrich Engesser, Walker Evans, Patrick Faigenbaum, Nicolas Faure, Kristen Schjellerup Feilberg, Günther Förg, Francis Frith, Nobuhiro Fukui, Alexander Gardner, Sigfried Giedion, Léon Gimpel, Ulrich Görlich & Meret Wandeler, David Goldblatt, Andrea Good, Dan Graham & Robin Hurst, Peter Granser, Marius Gravot, Beate Gütschow, Guido Guidi, F. C. Gundlach, Andreas Gursky, Hans Häberli, Heinrich Heidersberger, Florence Henri, Hannes Henz, Lucien Hervé, Olivia Heussler, Matthias Hoch, Candida Höfer, Heinrich Hoffmann, Martin Hürlimann, Tom Hussel, Yasuhiro Ishimoto, Jón Kaldal, Yitzhak Kalter, Annette Kisling, Lajos Kotay, Susanne Kriemann, Luisa Lambri, Heinz Leuenberger, Sol Lewitt, Hermann Linck, Armin Linke, El Lissitzky, Felix H. Man, Charles Marville, Gordon Matta-Clark, Rey K. Metzker, Randa Mirza, Ryuji Miyamoto, Lucia Moholy, Moritz Nähr, Neurdein Frères, Walter Niedermayr, Nicholas Nixon, Nils Nova, Ernest Palmer, Anders Petersen, Philip Phillips, Photoglob Zürich, Photo Gloor, Photo Moser, Philippe Ramette, Dirk Reinartz, Claudia Remondino, Albert Renger-Patzsch, Paul Ronald, Rotor, Thomas Ruff, Philipp Schärer, Matthias Scharrer, Ernst Scheidegger, Wolfgang Scheppe, Michael Schmidt, Arne Schmitt, Karl Hugo Schmölz, Wilhelm Schürmann, Christian Schwager, Bruno Serralongue, Charles Sheeler, Julius Shulman, Jules Spinatsch, Otto Steinert, Martin Stollenwerk, Ezra Stoller, Paul Strand, Aage Strüwing, Thomas Struth, Studio Chevojon, Micael Subotzky & Patrick Waterhouse, Hiroshi Sugimoto, Superstudio, William Henry Fox Talbot, Fritz Tiedemann, Jerry Torrens, Dave Towne, Jakob Tuggener, Ad Van Denderen, Evert Marinus Van Ojen, Robert Venturi & Denise Scott Brown, Paul Virilio, Vkhutemas School, Bernard Voïta, Etienne Bertrand Weill, Max Weiss, Michael Wesely, Beat Widmer, Jost Wildbolz, Anita Witek, Heinrich Wolf-Bender, Michael Wolgensinger, Ulrich Wüst, Xinhua, Tobias Zielony

Architectures and cities are both volumes and images alike. We experience them directly, physically and sensually, as well as through pictures. Pictures speak a language of their own. They offer a discourse that is quite unlike the physical experience of architecture. They transform volume into surface; distil matter into forms and signs – rarely, if ever, leaving it as it is. That is probably why so many architects try to get involved in determining the image of their buildings. The classic architectural photographer is their instrument, following their instructions, photographing the building at the zero hour as soon as it has been completed, cleaned and prepared – before any signs of use emerge, and before the building is occupied and transformed through use.
Concrete – Photography and Architecture seeks to approach the singular and complex relationship between architecture and photography in light-hearted, narrative and dialectical ways. The exhibition explores issues of history and ideology, as well as the specifics of form and material, in the photographic image. The visual appeal of destroyed or dilapidated buildings is also addressed, as are their powerful demonstrations of power and exclusivity, fragility and beauty. To what extent does photography influence not only the way architecture is perceived, but also the way it is designed? How does an image bring architecture to life, and at what point does it become uncanny? How do settlements develop into cities? Or, in sociological terms: how do work and life interconnect differently in, say, Zurich and Winterthur, as opposed to, say, Calcutta? And how do skyscrapers and living spaces translate into the flat, two-dimensional world of photography?


With works from, among others, Iwan Baan, Édouard-Denis Baldus, Lewis Baltz, Domenico Bresolin, Balthasar Burkhard, Gregory Crewdson, Willie Doherty, Sigfried Giedion, David Goldblatt, F.C. Gundlach, Lucien Hervé, Yasuhiro Ishimoto, Germaine Krull, Stanley Kubrick, Sol LeWitt, El Lissitzky, Charles Marville, Gordon Matta-Clark, Randa Mirza, Lucia Moholy, Nils Nova, Albert Renger-Patzsch, Thomas Ruff, Julius Shulman, Ezra Stoller, Paul Strand, Thomas Struth, Hiroshi Sugimoto, William Henry Fox Talbot, Jakob Tuggener, Robert Venturi & Denise Scott Brown, Paul Virilio, Michael Wesely, Anita Witek, Ulrich Wüst and Tobias Zielony.


Curator of the exhibition: Thomas Seelig


The exhibition is accompanied by a comprehensive catalog published by Scheidegger&Spiess.


Main sponsors: Vontobel Stiftung, Lotteriefonds Kanton Zürich
Further generous support comes from Stadt Winterthur and Ars Rhenia Stiftung.

http://j.mp/15iYSu6
http://www.fotomuseum.ch/fileadmin/fmw/bilder/presse/2013/Concrete/Concrete_PressPreannouncement.pdf
http://www.fotomuseum.ch/


◇ CONCRETE - Fotografie und Architektur
- Bücher - Scheidegger & Spiess

Herausgegeben von Daniela Janser, Thomas Seelig und Urs Stahel in Zusammenarbeit mit Eva Kurz, Therese Seeholzer und Corinna Unterkofler
1. Auflage, 2013
Text Deutsch und Englisch
Gebunden
440 Seiten, 156 farbige und 157 sw Abbildungen
21 x 28 cm
ISBN 978-3-85881-369-5
In Zusammenarbeit mit dem Fotomuseum Winterthur

http://www.scheidegger-spiess.ch/index.php?lang=de&page=books&view=co&booktype=filter_5_title&subject=4&artist=all&author=all&pd=ss&book=465

ハルトムート・ビトムスキー『塵』関連

◇ "Dust" Teaser - YouTube
http://youtu.be/qXOUkBpaNWk


◇ "Dust" Directed by Hartmut Bitomsky - Icarus Films Home Video
http://homevideo.icarusfilms.com/new2008/dust.html


◇ ビトムスキーの『塵』 - new century new cinema
http://www.ncncine.com/staubncnc.html


ハルトムート・ビトムスキー インタヴュー - new century new cinema
http://www.ncncine.com/bitomncncine.html


ハルトムート・ビトムスキー インタビュー『塵』 - flowerwild.net
http://www.flowerwild.net/2010/02/2010-02-27_222137.php


※過去のハルムート・ビトムスキー関連
http://d.hatena.ne.jp/n-291/searchdiary?word=%A5%D3%A5%C8%A5%E0%A5%B9%A5%AD%A1%BC

ウェブサイト更新

◇「photographs 52」

http://www.nobuhiro-fukui.com/

      • -


◇ in daylight >>> photographs 45 / 50
http://www.nobuhiro-fukui.com/thumb_45.html
http://www.nobuhiro-fukui.com/thumb_50.html

      • -


◇ Researching Photography: record: RP 福居伸宏 (*Japanese text only)
(Part 1)http://researchingphotography.blogspot.jp/2011/07/rp-record-part-1.html
(Part 2)http://researchingphotography.blogspot.jp/2011/08/record-rp-part-2.html


◇ 福居伸宏 インタビュー 2010 | Tomio Koyama Gallery (*Japanese text only)
http://www.tomiokoyamagallery.com/interviews/nobuhiro-fukui-interview-2010/


◇ Nobuhiro Fukui interview 2008 | Tomio Koyama Gallery
http://www.tomiokoyamagallery.com/interviews_en/nobuhiro-fukui-interview-2008_en/
http://www.tomiokoyamagallery.com/index2/wp-content/themes/tkg2/archive_ex_site/exhibitions/p/KIYOSUMI/2008/0308NF/interview_e.html


◇ Nobuhiro Fukui | Tomio Koyama Gallery
http://www.tomiokoyamagallery.com/artists_en/fukui-n_en/

minkan_bouei: 我々の平和な生活をその手中に握っている強大国が理性的であり賢 ... - Twitter

我々の平和な生活をその手中に握っている強大国が理性的であり賢明であることを心から希望する。しかし、希望を「確実な事実」だと思うことは常軌を逸した錯誤であろう。そこで、最悪の事態に備える覚悟をしておく必要がある。(スイス政府『民間防衛』)

https://twitter.com/minkan_bouei/status/331081922979721217


◇ 『民間防衛―あらゆる危険から身をまもる』
http://www.amazon.co.jp/dp/4562036672


◇ スイスにおける民間防衛 - 民間防衛 - Wikipedia

徹底的な武装中立を志すスイスでは、1969年(ちなみにチェコ事件の翌年である)に、当時の冷戦の高まりを受け、スイス政府がタイトルそのままの冊子『民間防衛』を各家庭に260万部発行・無償で配布した歴史がある。この冊子の存在は、スイスの国防意識の高さを如実に表すエピソードの一つとして、非常に有名である。発行元は das Bundesamt für Bevölkerungsschutz(国民保護庁)。
この冊子は非常に重厚な内容であり、主として戦争の危機に際して必要な準備や心構えなどについて詳しく解説されている(一方で地震・噴火・風水害といった自然災害への備えに関する記述は皆無である)。食料品や燃料の配給統制や食料の貯蔵に始まり、民間の自衛・防災組織の構築、敵国の攻撃によって起こる被害への対処法、核兵器や化学兵器への対策や実際にそれらが使用された際の行動、果ては敵国のプロパガンダやスパイに対する対策や、万が一敵国に占領された場合(但し政府が交戦の末に降伏したのか否かについては一切記述がない)のレジスタンス活動の心得など、有形無形の危機が仔細に渡って解説されている。
日本でもこの冊子は何度か発売されており、スイス本国で配布された直後の1970年(その後1983年に一度絶版になる)、阪神・淡路大震災後の1995年、そして極東における有事問題への関心が高まり出した2003年には新装版が、それぞれ原書房から発売され、2005年現在、日本国内で累計15万部以上が発行されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%96%93%E9%98%B2%E8%A1%9B#.E3.82.B9.E3.82.A4.E3.82.B9.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E6.B0.91.E9.96.93.E9.98.B2.E8.A1.9B

Stylische Kleider 2013, Ballkleider, die zauberhafte Hochzeitsmode ist im Sonderangebot bei JJsHouse.com - JJsHouse

http://www.jjshouse.com/de/kleider-f%FCr-besondere-anl%E4sse-c3/?no_banner=1&gclid=CPmQm8X0-bYCFc5a3godUDMACA
やたらこの広告が表示されるのはナゼ?
検索連動型にしても、そんな検索をした覚えはないのですが。。。


世界は日本国憲法をどう見ているのか - マル激トーク・オン・ディマンド - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局

マル激トーク・オン・ディマンド 第629回(2013年05月03日)
世界は日本国憲法をどう見ているのか
ゲスト:ジャン・ユンカーマン氏(映画監督・ジャーナリスト)



 憲法改正を目指す政権の下で5月3日、日本は66回目の憲法記念日を迎えた。
 世論調査などの結果を見ても、憲法改正への抵抗感は明らかに弱まってきているようだ。安倍首相はまず、憲法改正のために衆参両院の3分の2以上の賛成を求めている第96条の国会発議の要件を引き下げ、過半数の賛成で可能にする改正の意向を示している。しかし、言うまでもなく安倍首相、そして自民党の目指す憲法改正の最終目標は第96条ではない。自民党は既に、基本的人権条項などを削除した独自の日本国憲法改正草案を発表しているし、戦争放棄を謳う憲法第9条の改正が自民党の長年の念願であることも周知の事実である。
 日本国憲法の「平和条項」は1947年の施行当時は画期的なものだった。世界中を巻き込んだ悲惨な戦争の直後に、戦争の当事国だった日本が平和条項を含む憲法を持ったことの意味は、その後に新たな憲法を制定する国々や独立する国々の憲法にも大きな影響を及ぼした。日本に続いて憲法に平和条項を盛り込む国が相次ぎ、今では世界の約200カ国のうち150カ国の憲法に何らかの平和条項があるという。
 その日本が今、憲法第9条を改正した場合、国際的にはどのような意味を持つのか。
 『映画 日本国憲法』の中でジョン・ダワー氏やノーム・チョムスキー氏ら世界の知識人12人のインタービューをしたジャン・ユンカーマン監督は「日本国憲法、特に憲法9条は国際的に日本の平和に対する姿勢の現れとして見られている。だから日本の憲法改正論議は国内問題ではなく、国際的な問題だ」と話す。その先駆けとなった日本が平和条項を改正すれば、それは日本の国際的な信用を損ねるのみならず、日本に倣って平和憲法を作った国々にも大きな落胆をもたらすだろう。ユンカーマン氏は、今日の日本の政治家たちにその視点が欠けていることに大きな危惧を抱くという。

http://www.videonews.com/on-demand/621630/002755.php


◇ ビデオニュース・チャンネル - YouTube
https://www.youtube.com/user/videonewscom

ProApps QuickTime コーデック v1.0.2

http://support.apple.com/kb/DL1396?viewlocale=ja_JP

アルプスの少女ハイジ ”おじいさん山小屋で食べる黒パンとチーズ” - おいしい本棚

http://d.hatena.ne.jp/drifting_girl/20101119/p1

スイス・フラン - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3


第101回(2013年5月)「現代美術」を「どうにかやっていく」ことについて 眞島竜男(現代美術作家) - ネットTAM:アートマネジメント総合情報サイト

http://www.nettam.jp/topics/column/101/