Übungsplatz〔練習場〕

福居伸宏 Nobuhiro Fukui http://fknb291.info/

アレクサンダー・クルーゲ - Wikipedia

第二次世界大戦後、マールブルク大学、フランクフルト大学で、法学、歴史学、音楽を学ぶ。1956年に博士号取得。フランクフルトへ戻っていた、テオドール・アドルノ社会学研究所の顧問弁護士を務め、そうする中で小説を書き始める。アドルノの勧めにより、映画研究を始め、1958年には、アドルノの仲介によりフリッツ・ラングと知り合い、助手を務める。1960年にP・シャモニと共同で製作した短編映画『石の獣性』でデビュー、同年のオーバーハウゼン国際短編映画祭で6つの賞を受けるなど好評を博す。1962年には「オーバーハウゼンマニフェスト」に参加し、以降「若きドイツ映画」の中心的作家として活躍する。1966年に最初の長編『昨日からの別れ』がヴェニス国際映画祭で銀獅子賞を受賞、翌年の長編『サーカス小屋の住人達 処置なし』も同映画祭で金賞を受賞し、国際的な名声を得た。また、1977年にシュライヤー事件が起こると、翌年彼の提唱によって同事件を題材にした共同作品『秋のドイツ』が製作された。

クルーゲの作品は物語性を否定し、引用や字幕などを効果的に用いた分析的手法で、戦後ドイツの政治・社会状況を皮肉とユーモアを交えて描いた物が多い。一方で文筆活動にも精力的で、映画の原作も手がけるほか、小説『履歴書』、『戦場の記述』なども発表し、高い評価を受けている。1973年以降、フランクフルトのゲーテ大学の員外教授も務めている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B2