読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Übungsplatz〔練習場〕

福居伸宏 Nobuhiro Fukui http://www.nobuhiro-fukui.com/

再録(http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070519#p8)

■REPORT FROM IRON MOUNTAIN
◇ 『アイアンマウンテン報告―平和の実現可能性とその望ましさに関する調査』
著:レナード・C. リュイン 訳:山形 浩生
http://www.amazon.co.jp/dp/4478180164


◇ アイアンマウンテン報告(全文)&訳者解説
http://cruel.org/books/ironmountain.pdf
http://cruel.org/books/ironmount.html

日本における戦争と平和の思考

 では、日本はどんな状況だろうか。岡崎哲二によれば、今の日本経済を支える系列システムやメインバンク制度、天下り制などは戦時経済体制に端を発している。もちろん日本の経済発展が、朝鮮戦争ベトナム戦争に多くを負っていることも否定しがたい。また、現代日本アーティストの若手代表格である三上晴子は戦争を明確に主要テーマとしているし、同じく宮島達男も意識的に「戦争」を思考の中心においた作品づくりをしている。日本が世界に誇る各種のアニメは、エヴァンゲリオンもナウシカもアキラも、ほとんどが本書に言う「戦争指向」である。戦争の思考は常にわれわれとともにある。
 しかし戦争・平和をめぐる言説となると、一転してお寒い状況となる。


 現在の日本で、戦争が意識されることは非常に少ない。最近の数少ない「戦争」がらみの話題といえば、沖縄の基地問題や「従軍慰安婦」問題、あるいは少し前なら自衛隊の海外派遣問題くらいだろう。だがこのいずれも、本質としての戦争からみれば周縁的な問題でしかない。わが国の戦争をめぐる言説は、いまだに第二次世界大戦の敗戦処理問題にのみとらわれた、きわめて硬直した状況に陥っている。防衛庁くずれの書くものはどれも兵器解説や戦術論ばかり。一方では十年一日の平和愛好戦争反省本。


 またいま一つの戦争本は、保守反動右翼が再軍備論を展開したいがために「日本は平和ボケ」論をぶつ、つまらぬお説教本である。最近では日下公人『人間はなぜ戦争をするのか』(クレスト社)がその典型で、日本人は戦争を知らないから戦略思考ができないと能書きをたれつつ、北朝鮮が原爆を撃っても交通事故の死者二、三年分の数万人しか死なないから大丈夫、日本も核装備と報復攻撃で脅せばいいといった愚昧な議論が展開される。北朝鮮は報復云々で引き下がるほど正気かね。それに原爆を一次被害の死者数だけで語ってどうすんの? 他人さまの無知を言えた義理かい。コストも便益もまったく異なる交通事故の死者数なんか、何の比較にもならない。「戦略」がどうのと言うくせに、原爆一発だけ取り出してどうこうする無意味さにも気づかない。別の箇所ではホロコーストはユダヤ人抹殺が目的じゃなかったという説(絶句)まで得意げに引用され、最後は「こうすれば日本は第二次大戦に勝てた」の羅列。
 やれやれ、終わってからなら何とでも言える。そんなのは戦略でもなんでもない、ただの大学戦史研究会のコンパ談義だ。情報は常に不完全で、あらゆる戦略はそれを前提に様々なケース想定の中で手札を用意するんだが(本書の構成をみよ)、日下はそんなことは考えも(考えられも?)しない。戦争自体に対するうんちく以上の洞察など、何一つ期待すべくもないし、実際にもない。蛇足ながら小林よしのりは、こういう低級な書物を引用すると『ゴーマニズム宣言』でせっかくきちんと展開している従軍慰安婦論争の足を引っ張るおそれがあるので、注意したほうがいい。保守反動右翼だってピンキリなのである。


◇ アイアンマウンテン報告 - 日本人が知らない 恐るべき真実
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/archive/200601

      • -


菊地成孔『スペインの宇宙食』

ダンスバンドを、戦争より先に作っておく
    DCPRGに関する最初の企画書
    DCPRGに関する二番目の企画書……計画の50%
    DCPRGに関する三番目の企画書……GO FUCKIN' WEST

 レナード・リュインが誰にも信じて貰えず、お婆さんが突如爆発して、マイルス・デイヴィスが、黒い神の祝福の手が触れた『ON THE CORNER』のサウンドを鳴らした1972年をこのバンドの誕生年とし、2002年まで活動を続けた上で、その30年間の足跡に終止符を打つことをここに宣言する。キャッチ2002。

 我々の名はデートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン。笑いと踊りと恐怖という人類のベーシックな教養に訴えながら、21世紀音楽界の米国国防総省と英国王室庭園を目指す。日本人なのに。

http://www.amazon.co.jp/dp/4093874654
http://d.hatena.ne.jp/n-291/20070428#p2
この方↓のカスタマーレビュー的視点(☆1つ)で読むことも、もちろん必要。
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A2UU8LXJUZUKLW/ref=cm_cr_auth/249-6420307-9621114?ie=UTF8&sort%5Fby=MostRecentReview


◇ DATE COURSE PENTAGON ROYAL GAREDEN『REPORT FROM IRON MOUNTAIN 』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005MMDX


菊地成孔 『スペインの宇宙食』 - djack's
http://www.uraxima.com/notes/20051128.html