Übungsplatz〔練習場〕

福居伸宏 Nobuhiro Fukui https://fknb291.info/

Dan Graham, 'Pavilions' on Vimeo

https://vimeo.com/31028547


◇ Dan Graham - Wikipedia, the free encyclopedia

Influences
In Sarah Lehrer-Graiwer's publication Pep Talk in 2009, Graham gave "Artists' and Architects' Work That Influenced Me" (in alphabetical order): Michael Asher, Larry Bell, Flavin, Itsuko Hasegawa, LeWitt, Roy Lichtenstein, Robert Mangold, Bruce Nauman, Claes Oldenburg, Kazuo Shinohara, Michael Snow, Mies van der Rohe and Robert Venturi.[5]

Photography
Following the closure of his Manhattan-based space, the John Daniels Gallery, in the late 1960s, Graham turned to magazines as the primary venue for his art. In addition to contributing art and music criticism, Graham created text and photographic pieces often published between the magazines’ advertisements.[6] Of his magazine work, Graham said,

There was this whole idea of defeating monetary value in the air in the ’60s, so my idea was to put things in magazine pages where they’d be disposable with no value. And that was a hybrid also because the work was a combination of art criticism and essay: magazine page as an artwork.[7]

These photographs question the relationship between public and private architecture and the ways in which each space affects behavior. Some of his first conceptual works dealt with different forms of printed artwork of numeric sequences. In 1965 Graham’s began shooting color photographs for his series Homes For America. All the photographs taken were of single-family homes, new shopping precincts, truck depots and roadside diners around the American suburbs. This photo series, one of the first artworks in the space of text, was published as a twopage spread in Arts Magazine. The "article" is an assembly of texts including his photographs. The photographs were also chosen for the exhibition "Projected Art" at the Finch College Museum of Art. In 1969, Graham focused on performance and film that explored the social dynamic of the audience, incorporating them into the work, leading to an 80 ft photo series, Sunset to Sunrise.[8]

http://en.wikipedia.org/wiki/Dan_Graham

LOTHAR BAUMGARTEN Publications | e-flux

Two publications were presented in conjunction with the exhibition “Lothar Baumgarten: Seven Sounds / Seven Circles.” One is a CD set featuring seven audio pieces, phonic compositions with a sculptural character. Accompanying these acoustic works are photographic images and a text by the artist. The second publication is a book edited by Kaira M. Cabañas in cooperation with the Kunsthaus Bregenz. It includes four newly commissioned essays that reflect Lothar Baumgarten’s work and way of thinking, thereby representing the complexity of his artistic standpoint. In addition to the essays, the volume includes an interview with the artist by Christian Rattemeyer, an exhibition history, as well as a selection of Baumgarten’s photographs taken at Denning’s Point on the Hudson River in the years 2003–06. As with previous books by the artist, the form and typography of both publications were conceived by Walter Nikkels for and with Lothar Baumgarten. Catalogue book German and English editions Ed. by Kunsthaus Bregenz and Kaira M. Cabañas With contributions by T. Bartscherer, C. Buckley, J. Curley, C. Rattemeyer, and A. Rosenblum Martín Typography: Walter Nikkels 168 pages, 22.5 x 30.5 cm, 48 illustrations, softcover CD Set 7 audio CDs Supplementary booklet: 16 pages, 14.5 x 13 cm, 8 illustrations Special edition with signed print Onlineshop: http://www.kunsthaus-bregenz.at Contact: Antje Roth Phone 0043 5574 485 94-416 Fax 0043 5574 485 94-408 a.roth@kunsthaus-bregenz.at Kunsthaus Bregenz Karl-Tizian-Platz Postfach 371 A-6901 Bregenz T(+43-55 74) 4 85 94-0 F(+43-55 74) 4 85 94-8 kub@kunsthaus-bregenz.at http://www.kunsthaus-bregenz.at

http://www.e-flux.com/announcements/lothar-baumgarten-publications/

純粋映画 - Wikipedia

「純粋映画」という語を発明したのはアンリ・ショメットである。形式、視覚的構成、リズム、あるいはショメット自身が監督した短篇映画(1925年の『Reflets de lumiere et de vitesse(光と速度の反射)』、1926年の『純粋映画の五分間』)で達成したなにものか、といった映画の純粋なエレメントにフォーカスした映画を定義するためにつくられたものである。同ムーヴメントには、たくさんのダダイスムの芸術家たちが参加した。マン・レイ(『エマク・バキア』、『理性に帰る』)、ルネ・クレール(『幕間』)、フェルナン・レジェ(『バレエ・メカニック』)、マルク・アレグレジャン・グレミヨン、ダドリー・マーフィー、マルセル・デュシャン(『アネミック・シネマ』)といった人物と作品がそれである。
同ムーヴメントは、フェミニストの批評家であり映画作家であるジェルメーヌ・デュラックの仕事をも包含する。とくに『貝殻と僧侶』、『ほほえむブーデ夫人』、『ディスク957』、『アラベスクについての映画的研究』といった作品は、彼女の理論的な著作におけるのと同様に、彼女のゴールは「純粋な」映画であり、文学、演劇、ほかの視覚芸術からさえもなんら影響を受けない自由の獲得である。
これらの芸術家たちはクラブを形成し、典型としては当時のパリのカフェやアート・ハウスで上映していた。
ダダイストたちは、「物語」を超越し、「配役」「セッティング」「プロット」といったブルジョワ的慣例を嘲笑し、因果関係を虐殺する機会を映画のなかで見せた。フィルムというメディアが生まれつきもつダイナミズムをつかうことで、時空についてのアリストテレス的な習慣的概念を転覆させたのだ。
批評家と芸術家は「抽象映画」、「純粋映画」あるいは「積分映画」[1]といった語を使用した。そのことにより、これらの作品のすべてが映画芸術としてのみ機能するのだということを含意させ、ほかのメディアでは存在し得ないことを含意させるねらいがあった。時空の柔軟なモンタージュや、図られた行き来や凝視の制御、正確な反復、単一のフレームの多様性と連続性、字幕とそれに関連したイマジナリーな画面分割といった 映画的メカニズムのユニークなポテンシャルから、重要な効果が立ち上がるからである。
「純粋映画」は、ハンス・リヒター、ヴァルター・ルットマン、ヴィキング・エッゲリングといったドイツの「絶対」映画作家たちの影響下にある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E7%B2%8B%E6%98%A0%E7%94%BB

西村智弘ウェブサイト | 実験映画とアニメーション

実験映画とアニメーションの関係を考えるとき、二つの方向を考えることができる。ひとつはアブストラクト(抽象)であり、もうひとつはシュルレアリスム(超現実主義)である。アブストラクトとシュルレアリスムは、20世紀初頭の前衛芸術運動の重要なテーマであった。前衛(アヴァンギャルド)映画は、前衛芸術運動から生まれた実験映画だが、そこにはすでにアニメーションによる作品が登場している。

前衛映画のひとつに絶対映画と呼ばれるものがある。これは、1920年頃に誕生した純粋抽象の映画で、ワルター・ルットマン、ヴィキング・エッゲリング、ハンス・リヒターが代表的な作家である。とくにエッゲリングやリヒターは、ドイツのダダイズムと深く関わっていた。彼らが抽象映画を制作する上で考えたことは、絵画を時間的に(音楽的に)展開することであったが、このときアニメーションの技法が活用された。

1930年代には、音楽と形態の運動を一致させる抽象アニメーションが生まれている。絶対映画の影響を受け、そうした作品を制作したのがドイツのオスカー・フィッシンガーである。またイギリスでは、レン・ライやノーマン・マクラレンが同様の作品をつくっている。この二人は、フィルムに直接作画するなどアニメーションのさまざまな実験を行ったことでも知られている。1930年代には、日本でも荻野茂二らによって抽象アニメーションが制作されている。

一般にシュルレアリスム映画は、サルバドール・ダリルイス・ブニュエルの『アンダルシアの犬』(1928年)に代表されるように、基本的に実写の映像であってアニメーションではない。しかし、たとえばレン・ライは、ロンドンのシュルレアリスム運動に参加して絵画を制作していた。彼の処女作の『テュサラヴァ』(1929年)は、ポリネシアの土着芸術から影響を受けたアニメーションだが、これを一種のシュルレアリスム映画と見なすこともできよう。

その後、フィッシンガーとレン・ライはアメリカに移住し、マクラレンは一時アメリカにいてカナダに移った。彼らの作品が戦後の実験映画に与えた影響は大きかった。戦後のアメリカに台頭した実験映画はアンダーグラウンド映画と呼ばれるが、抽象アニメーションも数多く制作されている。ハリー・スミス、ホイットニー兄弟、ジョーダン・ベルソン、ロバート・ブリアらが主な作家で、スタン・ブラッケージも晩年に抽象アニメーションを試みた。彼らの抽象映画は、フィッシンガー、レン・ライ、マクラレンの作品から多くの技法を学んでいる。

アンダーグラウンド映画では、スタン・ヴァンダービークやラリー・ジョーダンのようにコラージュ・アニメーションを手がける作家もいた。もともとコラージュという手法は、ダダイズムシュルレアリスムで多用されたものである。コラージュ・アニメーションに前衛美術との関連性を指摘することもできよう。

http://nishimuratomohiro.web.fc2.com/200707anme.html

01 Jacob Kirkegaard - Labyrinthitis [Touch] - YouTube

http://youtu.be/c1w8Y9XXF5E


◇ ALBUM: Jacob Kirkegaard - Eldfjall [Touch] - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLWXBihNc9PrDCIwMGdAtqdRcSzkMDhxMz


◇ Jacob Kirkegaard - MoMA
http://www.moma.org/interactives/exhibitions/2013/soundings/artists/6/works/


◇ ALBUM: Jacob Kirkegaard - 4 Rooms [Touch] - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKtI6DyKnYmNSmdMh8rUZBpxtkf_lKMv4


◇ Jacob Kirkegaard en la Alianza Francesa - YouTube
http://youtu.be/cytP-Oi4nrk


◇ AION - YouTube
http://youtu.be/TaB95cQTLlE


◇ Darren Almond & Jacob Kirkegaard: Beyond the Arctic void - YouTube
http://youtu.be/io9M7-BepLk


◇ ALBUM: Philip Jeck and Jacob Kirkegaard - Soaked [Touch] - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKtI6DyKnYmNJLVenRif1N9H4iunis2NI

イディッシュ文化 - Wikipedia

イディッシュ文化(yidishkeyt)とは、ドイツ以外のドイツ語圏の方言であるイディッシュ語母語とする人をはじめとする、アシュケナージユダヤ人の文化。文学・音楽・演劇などを含む。現在、イディッシュ文化の中心はアメリカ合衆国イスラエル南アフリカなどに移っている。
西方ユダヤ人・同化ユダヤ人・改宗者を含むウィーン学派ブダペスト学派、プラハのカフェ文化、ウィーン文化、世紀末文化、青年ウィーン(Jung Wien)などはもはや東欧系ユダヤ人(ユダヤ系東欧人)のイディッシュ文化とは言えないが、地域的・時代的に重なり、相互影響が全く無かったわけではないと考えられる。拡大するとアシュケナジムの文化すべてを紹介することになりかねないので、本項ではイディッシュ語による「ユダヤ性」を持った文化を中心に述べる。
英語版の「List of Austrian Jews」なども参照。西欧・東欧社会におけるユダヤ人の貢献・所産は「ユダヤ人」「アシュケナージ」も参照。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E6%96%87%E5%8C%96

東京ゲーテ記念館公式サイト

東京ゲーテ記念館
114-0024 東京都北区西ヶ原2丁目30番1号
tel.: 03-3918-0828
mail: info@goethe.jp

http://goethe.jp/


◇ 粉川忠と東京ゲーテ記念館 - バートランド・ラッセルポータルサイト
http://russell-j.com/kogawa-tadashi.htm


◇ Q_and_A - 東京ゲーテ記念館

A:  一般には斎藤緑雨が言ったということになっています。しかし、当館のこれまでの調査でも、その原典を参照できていません。従いまして、緑雨が本当にそう書いたのかどうかも不明です。
推測では、緑雨が新聞か雑誌で書き、それが広まったのかもしれません。『斎藤緑雨全集』は緑雨の書いたものをすべて収録しているわけではありませんので、そこに発見できなかったからといって、彼が言っていないということにはなりませんが、新聞などの匿名コラムが好んで使う言葉ですので、(これも推測ですが)新聞にありがちな孫引きの孫引きで、もとは緑雨とは別の人間が書いた可能性もあります。
ちなみに、言語学者の矢崎源九郎は、『日本の外来語』(1964年、岩波書店)のなかで、次のように書いていますが、出典は挙げてはいません。

表記の上ではゴエテ、ギューテ、ギェーテ、ギューテ、ギョート、ギョーツ、ゲーテ、ギュエテ、ゲォエテ、ゴアタ、グウィーテ、ゲヱテー、ゲーテー、ゲェテー、ギョウテ、ギヨーテ、ギョーテ、ギョーテー、ギヨテー、ゴエテ、ギョテ、ギヨヲテ、ギヨオテ、ゲョーテ、ゲヨーテ、ゴエテー、ゲエテ、ギヨエテ、ゲイテ、ギョエテ、と、じつに二十九通りの書き方があるという。「ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い」という、斎藤緑雨の川柳すらも生まれているほどである。(170ページ)

http://goethe.jp/Q_and_A/q_goethetowaorenokotoka.html

ユーロスペース | 輝ける青春

監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演:ルイジ・ロ・カーショ、アレッシオ・ボーニ、アドリアーナ・ボスティ、マヤ・サンサ

2003年/イタリア/366分/カラー/35mm

輝ける青春」は第56回カンヌ国際映画祭・ある視点部門で上映されるや、6時間というけた外れの上映時間にも関わらず、熱狂的な喝采を持って受け入れられた。『旅芸人の記録』(232分)、『1900年』(316分)、『ファニーとアレクサンデル』(311分)など“人間と時代”を描いたヨーロッパ映画の伝統を継承する、新たな傑作の誕生を世界中から集まった映画人たちが祝福したのである。 また本作は、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞をはじめ、数々の映画賞を受賞し、本国イタリアでは当初8館だった上映館が30館に拡大され、パリでは18区の映画館で1年間に渡るロングランを記録している。

愛すべき家族の物語
世界の若者が新たな理想に胸を焦がした1960年代から21世紀の幕開けまで−激動の20世紀後半を歩んできた、イタリアの光と影。『輝ける青春』は愛すべき兄弟とその家族がその大きなうねりの中で歩んだ37年間を通して、この時代の息遣いを見事に描き出した珠玉の年代記である。何気ない日々の暮らしの中に輝く家族への想い・・それがどんなにいとおしく、かけがえのないことか、この映画はあらためて私たちに気づかせてくれる。「青春」とは、そんな風に人生を愛する気持ち、そのこと自体を示すのかもしれない。

物語は、ひとつ違いの兄弟ニコラとマッテオを中心にカラーティ家の人々の人生を描いていく。希望を胸に人生を切り拓いていく兄ニコラと、才能がありながら、繊細すぎて人生とうまく向き合うことができない弟マッテオ。ふたりが、フィレンツェの洪水や、トリノ学生運動、そして「赤い旅団」のテロ活動といった事件を目撃し、体験する中、20世紀後半のイタリアという国の姿が浮き彫りにされていく。そして、社会が大きく変わって行く中、カラーティ家にも様々な変化が訪れる。ニコラの娘の誕生、愛する父親の死や次女の結婚…はかり知れないほどの人生の喜びと悲しみ。観客である私たちも、物語の進行と共に、ニコラやマッテオと一体になって、心を躍らせ、心を痛め一家の出来事を自身の肌で体験することになるのだ。

http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=27


◇ WEB版「航空と文化」 あの頃のチューリッヒ ドイツ赤軍とルフトハンザ 横山英利子
http://www.aero.or.jp/web-koku-to-bunka/12.15yokoyamascript.htm

ドイツの秋 - Wikipedia

ドイツの秋(ドイツのあき、Deutscher Herbst)は、1977年後半のドイツ(当時は西ドイツ)で起こった、一連のテロ事件の通称。
ドイツ赤軍(Rote Armee Fraktion、RAF)は、この年の9月にドイツ経営者連盟会長ハンス=マルティン・シュライヤー(Hanns-Martin Schleyer)を誘拐し、10月にはパレスチナ解放人民戦線PFLP)とともにルフトハンザ機をハイジャックした。ハイジャック機には特殊部隊が突入し、RAF幹部は獄中で相次ぎ自殺し、シュライヤーは遺体で発見されるという衝撃的な結末を迎えたこれらの事件は、マスコミで連日連夜大きく報じられた。戦後最大のテロ事件と政治的危機により西ドイツ社会は恐怖に震えた。
「ドイツの秋」という言葉は、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーフォルカー・シュレンドルフらの監督による1978年の映画『秋のドイツ』(Deutschland im Herbst)に由来する。この映画は一連の事件および社会の雰囲気を伝えるニュースフィルム、様々な立場の論者による事件の解説や議論、第二次世界大戦前の社会主義運動などのドイツ史を語る映像などを交えてこの事件を描いたものだった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%AE%E7%A7%8B

十月革命 - Wikipedia

十月革命(じゅうがつかくめい、ロシア語: Октябрьская революция、ラテン文字表記の例:Oktiabr'skaia revoliutsiia)は、ユリウス暦の1917年10月25日(現在のグレゴリオ暦の11月7日)、ロシアの首都ペトログラード(後のレニングラード、現在のサンクトペテルブルク)で起きた労働者や兵士らによる武装蜂起を発端として始まった革命。多数の労働者や兵士らを扇動した革命家らによるクーデターとも解される。ソビエト革命あるいはボリシェヴィキ革命とも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E6%9C%88%E9%9D%A9%E5%91%BD

帰結主義 - Wikipedia

帰結主義(きけつしゅぎ、英語 consequentialism)とは、行為を道徳的に判断する際に、その行為から生じる帰結(結果)を考慮に入れる立場を指す。功利主義は、帰結主義のひとつの立場である。

帰結主義という言葉はG. E. M.アンスコムが1958年の論文「近代の道徳哲学」で用いた造語である[1]。それ以来、帰結主義英語圏の道徳理論を通して一般的になっている。その歴史的起源は功利主義にあるが、帰結主義が登場する以前の功利主義でも、倫理的熟慮に適切なものは行為の帰結だとみなされていた。この歴史的な結びつきのせいで、両者は一緒にされてしまう。功利主義はすべての帰結主義理論の重要な形式的性格、行為の帰結に焦点を当てること、を備えた立場として理解可能である。帰結主義について基本的な枠組みの他に言及されることはあまりないが、数多くある帰結主義理論に何度も登場する問題がいくつか挙げられる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B0%E7%B5%90%E4%B8%BB%E7%BE%A9